人事制度について

現在、日本の職場はブラック企業という言葉の蔓延によって、仕事に対してどのような頑張り方が正解なのか分かりづらくなっています。骨身を削って働き続けることが美徳とされてきた時代は終わりを告げて、きちんと評価され、それが実感できる会社が見直されつつあるのです。エリアリンクは社員の働き方が魅力的だと評判ですが、そこにはどのような秘密があるのでしょうか。その具体的な制度について探っていきましょう。

■キックオフについて
会社員のモチベーションというのは、一定に保つのが難しいと言われています。しかし、だからこそ、全社員のモチベーションを高く保つことが出来る企業が強いのです。士気を高めるには、まず会社の持っているビジョンを全員が共有することが大切です。方向性の間違った社員がいるというのは、船で言えばコンパスが狂っているのと同等の混乱を引き起こしかねません。

エリアリンクでは、共通した認識を持った社員同士、結果を残した個人や団体を表彰するイベントである「キックオフ」という催しが開催されます。これは毎年行われているもので、代表や役員から経営の方針などが発表され、それについての説明が行われます。また、それと同時に表彰も行われるため、これが直接的なモチベーションに繋がるのです。

■人事評価制度について
実力主義というと、少し冷たい響きに聞こえるかもしれませんが、実際にはむしろその逆です。きちんとした評価がされることによって、若手や女性社員でも出世の道が切り開かれるということは、社内の空気を清々しいものにして、また上に立つ人間の責任感も向上します。このような実力主義を取り入れているエリアリンクは評価が高いです。

具体的な取り組みとしましては、1年に2回、CASTという目標管理・評価シートを運用しています。目指したいキャリアや能力の開発計画、また、半期の目標を記入し、その都度振り返ります。これを上司に自己評価するプレゼンをした後、上司が上層部に各位の評価をプレゼンするという流れになっているのです。このような明快な仕組みのため、自分の頑張りも認められやすいのです。
■一人一人の頑張りが認められやすい職場
エリアリンクは社員のモチベーションが高いという評判がありますが、それにはいくつか秘密があります。その中の1つが「キックオフ」という制度です。これは上層部から部下に会社のビジョンを伝える定例イベントです。ここではそれだけでなく、様々な表彰も行われるため、華々しい舞台を添えられた社員はやる気に満ち溢れると言われています。

また、人事評価制度も明確で分かりやすいです。まず、目標管理・評価シートに目指したいキャリアなどを記入し、年に2回振り返りを行います。その後、自分の頑張りを上司にプレゼンし、そのプレゼンを基にして、上司が経営陣に対してアピールを行うのです。そうして付けられた評価は誰もが文句が出ないという評判もあります。